Loading...

『こうすれば少子化は克服できる』を発刊しました

『こうすれば少子化は克服できる』を発刊しました

少子化に歯止めがかからず出生数が減り続ければ、日本の人口は50年後に8千万人、100年後には4千万人近くにまで減少する。人口減少は日本経済を停滞させ、社会保障や子育てにも大変な弊害をもたらす。しかし、こうした深刻な事態も、従来の「少子化社会対策」から、「家族人口政策」へと抜本的に転換すれば、克服できる――気鋭の専門家が、少子化克服の「決め手」となる提言を平易に語った一冊。(定価400円+税/A5判40頁)→詳しくはこちら