Loading...

憲法解釈を変えないことが立憲主義なのか

憲法解釈を変えないことが立憲主義なのか

 

民進党の先生方はよほど立憲主義という言葉がお好きのようだ。目新しい玩具を手にした赤ん坊のよう、といったら失礼かも知れないが、二年ほど前から、ことある毎にこの言葉が登場する。先般の新党名決定に当たっても、「立憲民主党」という、一昔前を思わせるかのごとき案が一時有力であったと報道され た。 さて、そこでこの立憲主義という言葉だ。これをかざしさえすれば、相手は黙るといわんばかりの勘違いに、誰か一言水を掛けてはくれないかと思っていたところ、一カ月ほど前の読売紙上で、京大教授の大石眞氏がかかる立憲主義論をタイミングよくたしなめておられた。→続きはこちら