Loading...

少子化=日本社会存立の危機を直視せよ

少子化=日本社会存立の危機を直視せよ

丁度一年前、一年間に出生した子供の数が100万人を割ったというニュースがメディアの話題となった。戦後の最も多かった時は年間270万人もいた出生児の数がついに100万人を割り、97万人台となったのである。ところが、あれから一年、→詳細はこちら