Loading...

「思い上がり」朝日新聞の敗北

「思い上がり」朝日新聞の敗北

総選挙は自民が大勝した。朝日の「安倍一強」批判は実らず、有権者は明確に安倍政権を信任した。ところが、選挙翌日の社説では「選挙結果と、選挙のさなかの世論調査に表れた民意には大きなズレがある」と言い出している。安倍首相に「首相を続けてほしい」よりも「そうは思わない」の方が多く、自民党だけが強い勢力を持つのは「よくない」が七割を超えるというのが朝日の世論調査であり、選挙結果はそれと違うというのである。さらに自民党の絶対得票率はどうだ、野党が一本化していれば与野党逆転もあり得た等々、何か選挙結果が間違っていたかのような記事が続く。言うまでもないが、選挙の結果が憲法が定めた国民の意思、いわば民意である。朝日新聞の調査がどうであれ、選挙の洗礼を受けた国会議員が国会を構成し、そのなかから首相が選ばれる。これが憲法に明記されている、わが国の民主政治の大原則である。→詳細はこちら